*

初めてでもわかりやすい断捨離 3つのやり方

      2017/10/28


断捨離生活

断捨離はモノを捨てることによって不快な感情も捨て去ります。家の中もきれいに片付き、精神的にも落ち着いてきます。不用品を捨てるだけで、新しい精神状態になれるなんて夢のようですね。



イベント化せず、ちょこちょこやろう

初心者が失敗しがちなのは大がかりに始めて、「一日で全部片付けよう」とするからです。はじめは捨てるか捨てないかで迷うので時間がかかります。だから、目についた場所から少しずつやるのがいいでしょう。

ネットサーフィン中、デスク周りが気になりませんか?手を伸ばして取ったものが、本当に必要か考えてみましょう。はじめはひとつ捨てられたら十分です。捨てる判断を瞬時にできるようになれば、あとは勝手に断捨離が進んでいきますよ。

 

買い替えがきくものはいったん捨てる

断捨離初心者が迷うこと。それは新品を捨てるかどうか、です。台所には買ってからほとんど使っていない調味料や器具がありますね。初心者が成功するコツは、「新品」で「まだ使える」ものでも、不要なら思いきって捨てることです。

もったいないと思いますが「欲しいと思ったら、また買えるか」を判断基準にするといいですね。買い替えがきくものは、いったん捨てましょう。同じものをもう一度買うことになったら、それは本当に必要なものなのです。

 

どうしても迷うものは捨てない

断捨離の効率が上がると、山のような不要品がでます。これで終わったとホッとしてはいけません。2〜3日すると、「本当は大事なものまで捨ててしまったのではないか」と不安になってきます。これは初心者が陥りがちな罠です。

断捨離で大事なのは、捨てるか捨てないかの判断を自分がすること。どうしても捨てられないものは、無理に捨てなくていいんです。不要品はすぐに捨てずに、3日ほど置きましょう。それから再度チェックをすればいいのです。

断捨離は捨てるか捨てないかを判断する繰り返しです。厳選したモノだけを残して、不要なものは ブランディアで買い取ってもらうといいでしょう。着ていない洋服やバッグ、飽きてしまったシューズや小物を段ボールに詰めて送るだけで意外なおこづかいになりますよ。



 -断捨離の基礎知識

  関連記事

デスク

断捨離 部屋が片付く以外の3つの効果

やましたひでこさんの断捨離は、既にあるモノについて「これは本当に必要か」「なにか思い込みにとらわれていて、捨てる…

断捨離に隠れている3つの意味を知ろう

この数年、「断捨離」や「片づけ」という言葉を聞かない日はありません。日ごろ、あふれるほどの量のモノと一緒に暮らし…